寒さが続くこの時期は、火を取り扱う機会が非常に多くなります。ちょっとした不注意により、火災は発生します。灰皿には水を入れる、火のそばから少しでも離れる時は必ず火を消すなどの対策で、未然に防ぐことが出来ます。火を取り扱う際は十分注意するように心がけてください。