年末年始を迎えるにあたり、火の取り扱いや暖房器具を使用する機会が多くなります。慌ただしいこの時期、ちょっとした気の緩みから火災が発生する恐れがあります。大切な命を火災から守るために、火の取り扱いには十分注意しましょう。