平成30年3月16日、中消防署東出張所配備の救急自動車を更新しました。対象車両は、平成18年2月から運用を開始し、12年間で約20万キロ走行。老朽化が著しく業務に支障をきたす恐れもあることから、平成29年度防衛省の補助金を活用し更新したものです。

東出張所は、小松市の東部を管轄、最新の資機材を装備し、小松市民の尊い命をつなぐため新しい救急自動車を最大限に活用していきます。

東出張所救急1号車