15年ぶりに調査を実施し、市民の防火・防災に関する意識や認識、
消防行政や防災体制に対する意見や要望などを把握、15年前の
調査結果と比較することによって、今後の市民指導や消防行政の
施策に反映させることを目的に実施しました。

   ■ 調査対象 小松市内に居住する18歳以上の方
   ■ 調査期間 平成29年6月18日 ~ 7月28日
   ■ 配布数(調査標本) 2,227標本
   ■ 回収標本数 1,952標本 ※ 回収率87.6%

 

⇨平成29年「防火・防災に関する意識調査」結果概要(PDFファイル 2.5MB)

※ ファイルサイズが大きいのでご注意ください。