石川県内では、今年に入り火災による死者が相次いで発生しています。1月11日には、小松市内においても共同住宅で火災による死者が発生しました。

 冬場は暖房器具の使用などで火災が発生しやすく、新型コロナウイルス感染症対策や雪の影響で、自宅にいる時間が長いことから、住宅火災の危険性が高まります。

 市民の皆様は、ご自身ご家族のかけがえのない命や財産を守るため、今一度、火災予防に努めていただくようお願いいたします。

住宅防火の対策のリーフレットはこちら (約492KB)