小松市では安全・安心なまちづくりの一環として「自主防災の未来を支える人づくり」をテーマに少年期の防災力向上強化に取り組んでいます。その一つとして学校行事の一大イベント「運動会」の競技の一つ、障害物競争を通じて防災力を身に付ける「レスキューチャレンジ」を毎年実施しています。これまでとは違った角度からの防災教育であり、心身の柔軟な少年期に「いつのまにか防災力が身についていた」というのが狙いであり、自主防災の未来を支えるこどもたちの知識・技術の向上及び育成を目的としています。9月15日、9月22日に市内の小学校で開催されます。

   

                    

   

▲ページの先頭