しみん救護員のレベルアップと実践的な応急手当を目的に行なわれる応急手当技能競技会も今年で第4回目を迎えました。

 本年は、小松市国際交流協会(KIA)の協力を得て、今大会初の外国人防災士5名を含め、全21チームが参加し応急手当を市民が楽しく学べるように競い合いながらも、実際の災害現場を想定した内容で行いました。 

競技会内容

 「応急救護所の設定」「AEDを用いた心肺蘇生法」「止血・固定法」「応急担架作成」の4つの種目で正確性と迅速性を競い合いました。

     
   

国際交流協会(KIA)が最優秀賞!

 

結果

    最優秀賞   国際交流協会(KIA) Bチーム
    優秀賞   村松町
    優秀賞   木場町 Bチーム

 

優秀賞

 

          村松町                         木場町Bチーム

 

リーダー賞

 

 村松町 湊さん       新町 安田さん

 

競技の様子

 

     AEDを用いた心肺蘇生法                     止血・固定法

 

           応急担架作成

 

 

▲ページの先頭