昨年度中止になった応急手当技能競技会を、令和3年10月10日(日)9時30分から、義経アリーナにて行いました。  

 今回は過去最高の24チーム、計72名が一般の部と消防団の部に分かれ競技を行いました。競技内容も一新し災害時の避難所運営に役立つ、車椅子操作、怪我の手当て、ダンボールベッドの組み立て、簡易担架の作成・搬送と心肺蘇生、AEDの操作、新型コロナウイルス感染対策を取り入れた内容で、正確・安全・迅速性を評価し上位3チームを表彰しました。また、小松防災士の会の協力を得て、多くの防災士をはじめ、しみん救護員、消防団員も参加し、広く応急手当に携わる者が競技会を通して、応急手当のスキルアップ及び、意識の向上に繋げました。

写真

競技写真

令和3年度応急手当技能競技会写真.PDF

応急手当技能競技会 結果

競技結果.PDF

表彰式 写真 

表彰式写真.PDF

 

 

▲ページの先頭