新型コロナウィルスの感染予防に伴い、手指の消毒にアルコールを使用する機会が増えています。消毒用アルコールは消防法の危険物に該当することから、低温で引火しやすいため、火災予防に注意する必要があります。

 

[一般的な注意事項]

・火気の近くでは使用しないこと。

・屋内の消毒や容器詰替えを行う場合は、風通しの良い場所で行うか換気を行うこと。

・密閉した室内で多量の消毒用アルコールの噴霧は避けること。

・直射日光が当たる場所や高温となる場所を避けて保管すること。

 

[多量の取扱いをする場合の注意事項]

 消毒用アルコールは、貯蔵や取扱量に応じて、消防法や火災予防条例の規定が適用される場合がありますのでご注意ください。