文化財防火デーの由来は、昭和24年1月26日、日本最古の壁画が描かれた法隆寺金堂が焼失し、その後も文化財の火災が相次いだことから、昭和30年に1月26日を「文化財防火デー」と定め、以来毎年この日を中心として、全国的に文化財防火運動が展開されています。小松市においても、災害から貴重な文化財を守り、後世に伝えていくため、文化財防火運動を展開します。

リーフレット

【主な行事】平成31年1月20日 9:30~葭島神社 11:00~那谷寺で消防訓練を実施します。