2016年12月に発生した糸魚川市大規模火災を受けて,消防法令が改正され2019年10月1日から火を使用する全ての飲食店に消火器の設置が必要となりました。

IHコンロは設置義務の対象外となります。

 

■消火器の設置義務が免除となる場合

調理油加熱防止装置・・・鍋等の温度の過度な上昇を感知して自動的にガスの供給を停止し,火を消す装置をいいます。(Siセンサー)
自動消火装置・・・厨房設備における火災を自動的に感知し,消火薬剤を放出して火を消す装置のことをいいます。
圧力感知安全装置・・・加熱等によりカセットボンベ内の圧力上昇を感知し自動的にカセットボンベからカセットコンロ本体へのガスの供給停止されることにより火を消す装置のことをいいます。

 

■設置後の維持管理について

●消火器点検パンフレット(消防庁).PDF

●消火器点検結果報告書,点検票(消防庁).PDF
                     
●消火器点検アプリ(試行版)
ダウンロード(App Store (平成30年4月から提供開始)
ダウンロード(Google Play) (平成30年4月から提供開始)

 

 

▲ページの先頭