消防隊(しょうぼうたい)
火災現場(かさいげんば)火傷(やけど)やケガをしないよう、防火衣(ぼうかい)という丈夫(じょうぶ)(ふく)()出動(しゅつどう)します。
(けむり)(なか)(ほのお)(なか)でも呼吸(こきゅう)ができる空気呼吸器(くうきこきゅうき)()につけます。()につける(もの)全部(ぜんぶ)(やく)18キロあります。
     
救助隊(きゅうじょたい)(レスキュー隊)
救助隊(きゅうじょたい)(レスキュー隊)はオレンジ(いろ)(ふく)()ています。
レスキュー(たい)(くるま)建物(たてもの)()()められた(ひと)様々(さまざま)道具(どうぐ)使(つか)って(たす)け出します。また(たか)いところからすばやく()りたりできるように、 100mもの(なが)いロープなどを()っています。
     
救急隊(きゅうきゅうたい)
救急隊(きゅうきゅうたい)はねずみ(いろ)(ふく)()ています。出動(しゅつどう)(とき)は、ケガをした(ひと)()()いてしまう(こと)もあるため、青色(あおいろ)使(つか)()ての上着(うわぎ)()ます。
救急隊(きゅうきゅうたい)(なか)には救急救命士(きゅうきゅうきゅうめいし)という救急(きゅうきゅう)のスペシャリストがいて病院(びょういん)までの搬送途中(はんそうとちゅう)患者(かんじゃ)様々(さまざま)処置(しょち)(おこな)います。AEDや注射器(ちゅうしゃき)聴診器(ちょうしんき)など、非常(ひじょう)にたくさんの道具(どうぐ)使(つか)います。また血液(けつえき)などに()れても病気(びょうき)などがうつらないように、 ゴム(せい)手袋(てぶくろ)ゴーグルなどを()けています。
     
予防査察員(よぼうささついん)
普段(ふだん)制服(せいふく)()仕事(しごと)をしています。大勢(おおぜい)(ひと)出入(でい)りするような建物(たてもの)火事(かじ)にならないように検査(けんさ)をしたり、学校(がっこう)などで避難訓練(ひなんくんれん)指導(しどう)(おこ)なったりします。
また、火事(かじ)があったときの原因調査(げんいんちょうさ)仕事(しごと)もしています。
     
指令(しれい)センター(いん)
指令(しれい)センターは119(ばん)通報(つうほう)()けて、火事(かじ)場所(ばしょ)救急車(きゅうきゅうしゃ)必要(ひつよう)場所(ばしょ)はどこなのか調(しら)べたり、どこの消防署(しょうぼうしょ)から何台(なんだい)消防車(しょうぼうしゃ)救急車(きゅうきゅうしゃ)()せばいいのか()めて出動(しゅつどう)させています。

 

 

▲ページの先頭