1.目的

自主防災組織の救急救護班を特化させ、大規模災害時の救急救護のリーダーを育成し、 応急手当の指導員として、地域における救急活動の模範となる者を育成する。

 

2.対象者

原則、自主防災組織結成町内から選出された人が受講可能です。なお、町内会長の推薦が必要となります。(245町内対象)

 

3.募集内容

募集人員  20名程度
年齢制限  男女を問いません、中学生以上から65歳位まで

 

4.講習内容

基礎講習と応用講習を各1日受講いただくことで、しみん救護員の資格を得ることが出来ます。
基礎講習 自主防災組織及びしみん救護員の目的と役割(座学) 8時間
心肺蘇生法、AED(座学)/ 実技(成人・小児・乳児)
AED取り扱い、止血、異物除去法、体位管理法(実技)
心肺蘇生法 (実技)シナリオ訓練、心肺蘇生法 (実技)効果測定
応用講習 ガレキ救出、ロープワーク(実技) 8時間
心肺蘇生法の復習、指導要領(座学・実技)
三角巾法、搬送法、その他の応急手当(座学・実技)
効果測定(筆記)、感染防止対策(座学)、認定証交付

 

5.講習日程

第2回 10月30日(土)、10月31日(日) 9:00~17:00 基礎講習
11月13日(土)、11月14日(日) 9:00~17:00 応用講習
※当日は、実技を中心とした屋外と屋内での講習内容となりますので、マスク着用の上、動きやすく、調整のできる服装と履物でお越し下さい。
※昼食はご持参いただくか、最寄の飲食店等をご利用下さい。

 

6.申請締切

令和3年9月30日(木)まで
募集人員  20名程度
申請方法  ①:電子申請(小松市消防本部ホームページより・スマートフォンからも可能)
          (注)個人情報の入力が必要なため、受講者本人から申請いただく必要があります。
        ②:別紙申請書に必要事項を記入し、南消防署へ提出(FAX可能)
          ※電子申請入力フォームからの申請にご協力をお願いいたします。

 

7.講習会場

小松市園町ホ110番地1 小松市消防本部 4階 講堂
※駐車場は、消防本部庁舎建物北側にご用意しております。
※駐車場は台数に限りがありますので、なるべく乗り合わせの上お越しくださいますようお願い申し上げます。
※コロナウイルス感染状況を踏まえ、場合により縮小または中止となる場合があります。

 

8.認定証

講習修了者に対して「しみん救護員」を任命し、認定証を交付いたします。

 

9.問い合わせ

小松市消防本部 南消防署 救急担当  
電話 0761-44-2591(直通)  FAX 0761-44-5586   E-mail siminkyugo@city.komatsu.lg.jp

 

▲ページの先頭