小松市では、連日厳しい暑さが続いております。これから夏に向けてますます気温も上がり猛暑日が続く恐れがあります。この暑さにより市内では熱中症による救急搬送が多発しています。体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整が効かず、重症になると死に至ることもあります。

 

こんな症状が出たら気をつけて

 ・顔が赤い、ほてっている。

 ・体は熱いが汗をかいていない

 ・こむらがえり(足をつる)が起こる

 ・頭痛、めまい、吐き気など訴える

 ・体のふらつきやだるさを訴える

 ・意識障害(奇妙な応答、呼んでも返事がない)

 

熱中症予防のポイント

 ・炎天下や暑い場所(屋内でも)での作業、スポーツはこまめに休憩を取る

 ・体調が悪いときは無理をしない

 ・こまめにスポーツドリンクなどで水分や塩分を補給する

 ・帽子や日傘などで直射日光を避ける

 ・子供は大人よりもアスファルトからの照り返しによる輻射熱を受けやすい

 

熱中症になってしまったら 

 ・日陰など涼しい所に移動する(させる)

 ・冷たいタオルや氷嚢などを脇の下などに置き体を冷やす

 ・自分で飲める場合は、水分を補給する

 ・早めに医療機関を受診する

 ・意識がおかしい場合などは迷わず119番通報し救急車を要請する

 

熱中症関連サイト

 環境省熱中症予防情報サイト (新しいウィンドウで表示します。)

 総務省消防庁熱中症リーフレット (新しいウィンドウで表示します。)

 

▲ページの先頭