質 問
救急統計について
答 え
毎年2月に前年の統計をまとめ、冊子とし関係機関等へ配付しています。報道を通して発表し、市民向けに消防本部で配布も行っています。また、消防本部ホームページでも閲覧できます。
参考ページ
質 問
普通救命講習を受けたいときは?
答 え
受付窓口は小松市中消防署救急担当です。お気軽に問い合わせ下さい。
小松市消防本部ホームページでも検索可能です。
参考ページ
質 問
AED(自動体外式除細動器)と心肺蘇生法を学びたいときは?
答 え
小松市消防本部では、定期的な講習会に加え、受講者の希望に応じたその他、3時間、4時間の3コースの講習会を開催しています。各町内会、事業所等の団体や個人でも受講が可能です。 詳しくは、小松市中消防署救急担当又は小松市消防本部ホームページでご確認下さい。
参考ページ
質 問
当直病院は何処ですか?
答 え
消防本部のホームページに毎日の病院状況が記載されています。また日曜・祭日はテレフォン案内(0180-997-370)も行っています。
参考ページ
質 問
どんなときに救急車を呼べばいいのですか?
答 え
命にかかわるような病気や怪我、酸素や点滴などをしていて、家族ではどうしても病院に連れて行けない等の時です。小松市には救急車は4台あります。 毎年3000件超の救急出動があります。しかし、その中の約10%がかすり傷、歯痛、風邪等、救急隊員が現場到着時に緊急性なしと判断された人でした。
緊急性がないのに救急車を要請すると、本当に救急車を必要とするときに、救急車の到着の遅れ、救える命が救えなくなる可能性があります。 緊急性がなく自分で医療機関へ行ける場合は、なるべく自家用車かタクシーを利用するようお願いします。
質 問
小松市に救急車は何台ありますか?
答 え
現在4台あり、それぞれに名前をつけております。皆様もご存知の勧進帳から弁慶号、富樫号、義経号、利常号と名づけました。

 

 

▲ページの先頭